審査にはどのような書類を提出すれば良いですか?

▼目次

ご利用いただける書類

お届け先住所、氏名、生年月日が確認できる下記書類をご提出ください。

現住所記載の下記いずれか【1点】

💡

①運転免許証(住所変更している場合は表裏両面とも)  ※裏面は公安印を含む変更後の住所が確認できるもの・公安印は手書き不可 ②マイナンバーカード(表面のみ)  ※マイナンバー通知カードは確認書類の対象外  ※裏面は個人番号が記載されているため、ご提出いただいた場合は弊社にて削除します ③住民基本台帳カード(顔写真あり) ④在留カード ⑤特別永住者証明書

※外国籍の方は④もしくは⑤のご提出が必須となります。詳細はこちらをご確認ください。

上記をお持ちでない方は、ご本人確認書類と住所確認書類の【合計2点】

▼ご本人確認書類(1点目)

💡

①健康保険証 ②パスポート ③学生証または社員証 ④母子手帳 ⑤障害者手帳

※①健康保険証はマスキングが必要な箇所がございます。詳細はこちらをご確認ください。

▼住所確認書類(2点目)

 ※2ヶ月以内の発行、お届け先の住所、本人の氏名が記載されているものに限ります

💡

①公共料金の領収書(※請求書の場合、領収印が押されているもの)  ・電気  ・都市ガス  ・プロパンガス  ・水道 など ②住民票記載事項証明書 ③官公庁発行の印刷物  ・納税通知書、納税証明書 など

※②住民票記載事項証明書は、「マイナンバー」「本籍」「ご家族の個人情報

 ③納税関連の書類については「基礎年金番号」が記載されている場合、記載部分を伏せた状態で  

  撮影し、アップロードをお願いいたします。

※マスキング方法はこちらをご参考になさってください。

image

健康保険証のマスキング方法

ご本人確認書類として健康保険証を提出する際、「記号」「番号」「枝番」「保険者番号」「QRコード」の情報提供は不要です。

そのため、該当箇所は以下の画像のようにマスキングをおこない、アップロードしてください。

image

マスキングは下記いずれかの方法でご対応をお願いいたします。

💡

方法1:本人確認書類原本の該当部分のみを付箋やメモなどで隠したうえで、撮影もしくはスキャンしていただく。 方法2:書類原本を撮影もしくはスキャンした画像の該当部分のみを、ペイントソフト等で塗りつぶしていただく。

※氏名・生年月日・交付日・事業者名称・保険者名称・公安印など、本人確認に必要な情報や、書類の真贋判定に関わる部分は隠さないようご注意ください ※マスキングが完了していない本人確認書類がアップロードされた場合は、弊社でデータの削除をおこないます。

住民票記載事項証明書のマスキング

ご本人確認書類として住民票記載事項証明書を提出する際、「マイナンバー(個人番号)」「本籍」「ご家族の個人情報」の情報提供は不要です。

そのため、該当箇所はマスキングをおこない、アップロードしてください。

マスキング方法は上記、保険証の場合をご参考にお願いいたします。